堀 一也の記憶

AYNIW TEPOのベース堀 一也によるBlog日記

何やら騒がしい

今から飛行機に乗ろうというのに台風が来ている。

 

先日会社で「もうすぐ参院選やね」と同僚に話していると、意外にも「投票に行った事ないんです」と言われて驚いた。

 

俺は投票に向かう時のあの散歩感が結構好きで、子供の頃の夏祭りに向かう道中を思い出す。

 

投票できる会場は年々減っているらしい。

そのうち「選挙要らなくね?」ってなったら怖いな、とサスペンス的な想像をする。

 

選挙には行っときましょうと捻りのないコメントを返した後、少し政治についても話したがすぐまた何でもない別の話題に変わった。

リアルコミュニケーション。

 

奈良にてスタジオの日々。

2日間はAYNIW TEPOの曲作りをやって、1日はLOSTAGEの曲作り、そこからmonocismのリハも予定していたがスケジュール調整をミスっていた事が判明して穴を空けてしまった。

完全に失敗した。

 

この滞在の間にTHROAT RECORDSでレコードを数枚購入。人知れず入荷されていたVULF PECKの新譜も購入。

 

店舗に行ってみないとマジで分からんレコ屋だ。笑った。

 

 

しかし物事の探求というやつには終わりがないな。

それは探し当てた後、探し当てる前には二度と帰れないからだろう。

f:id:KazuyaHori:20190720171652j:image

 

長崎、佐賀の小宇宙旅行

丸1日半かけて弾き倒し録音したベースのデータが原因不明で消えてしまい、絶望の淵から滅びの呪文を口にしかけたがなんとかメンタルを持ち直し、午後には最初からやり直したものが完成した。

 

最近はLOSTAGEの新しいアルバム制作も手伝っていて家でもベースをたくさん弾いているのでなかなかいいバイブスは出ていると思う。

 

昨日は奈良から遥々長崎に来ていた美里の家族と要夫婦と長崎→佐賀の旅へ。

 

波佐見に向かう道中の千綿駅でカレーを食べるのは恒例になっている。海沿いの駅で景色も良いし、美味い。店内はTofubeatsがかかっていた。

f:id:KazuyaHori:20190715220928j:image

 

そこから波佐見焼、有田焼とたくさん陶器や食器を見ながら気に入ったものを購入。

f:id:KazuyaHori:20190715221030j:imagef:id:KazuyaHori:20190715222116j:image

 

そこから佐賀の御船山学園に。

「かみさまがすまう森」

チームラボがこのシーズンにライティングとプロジェクションマッピングで庭園と森を演出しているイベント。https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen/

 

夜の山道で足場がそこまで良くないので子供は少し注意が必要だが、美しく、楽しめる演出だった。しかしかなり歩いたと思う。

 

要がライティングの効果音は俺がやった方が良いのできると言っていたが、そうかもしれない。

 

夜はなんてことない居酒屋で皆でワイワイやって終了。今日家族達は俺がベースと戯れている間に120%長崎の海を謳歌していたようだ。

 

家族には普段から本当に世話になっているので楽しそうな顔が見られて嬉しい。

 

明日から諸バンドのスタジオ作業で奈良へ。

 

久しぶりにレコードもゆっくり掘りたいなぁ。

そして筋肉痛は明日来ませんように。

 

 

 

 

お酒の海

ダイニングに飾る絵が何がいいか悩んでいる。

f:id:KazuyaHori:20190710074952j:image

(引っ越し祝いに頂いたチーズと韓国土産ナッツ、自家製ピクルスと熊本の作家さんの小皿)

 

最近は呑んだ次の日体調が良くない。

無尽蔵に呑んでいてはダメだな。

 

先人にならって焼酎メインにしようかな。

 

2日連続で深酒をしてしまい、二日酔いで早朝目覚め、今日はそこから脂汗をかきながら808で打ち込んだビートに合わせてベースを弾いていた。

 

実機ではないが久しぶりに808で打ち込んだが最高だ。復刻で出ているTR-08が安価なので実機購入検討中。

 

自分のバンドではないバンドの曲を考える時、また自分の中の新しい扉が開く感じがして楽しい。

 

そこからまたAYNIW TEPOの制作に戻った時の新鮮さも良いもんだ。

 

下の階に低音が響き渡っていないかだけが少し不安だ。

 

それから参院選の事は気にかかる。

 

消費税の増税だけはあり得ないと思っているので野党に入れる事だけは決めている。

そこからはまだ迷っている。

 

もう少し調べて行こうと思ふ。

 

上半期最も聴いたアルバム

2019年上半期が終わった。

 

音楽には色んなタイプの良さがある。ジャケットを置いておくだけで良い作品もあるし、数ヶ月に一度聴く良い作品、色んな要素で測ることが出来ると思うが、単純に聴いた回数で測ると何を最も多く聴いたのか。

 

回数までは数えていないが、今年上半期はおそらくこのアルバム。

f:id:KazuyaHori:20190706225643j:image

Avey Tare『Cows on Hourglass Pond』

アニマルコレクティブのボーカリスト、エイヴィーテアの今年リリースのソロアルバム。

 

勿論好きだから何度も聴いているし、一日に一度は必ずどこかのタイミングで聴いている。

 

味の無くならないスルメの如く、ずっと口の中に残っている感じ。止まらない。

 

心なしかジャケットもイカに見える。

(実際はタイトルの通り牛だろう)

 

ただ一見派手さはないので、近しいミュージシャンも含めてこの作品を話題に上げている人は一人も知らない。なので誰にも言えずにいる。

 

雑念のない流れ、作品の為に全ての音が一貫して存在しているようなアルバム。

 

一度はこんな純度の高い作品を作ってみたい。

 

本人に会って感動を伝えたいなぁ。

 

 

 

チューニング

奈良に戻って五日目。

 

三日間スタジオが続いたが今日はオフ。

 

ついに免許を取得してしまった美里の運転で祖父母の家に久しぶりにご挨拶に行き、

 

長崎産の冷凍きびなご(魚)をお土産に手渡しそのままご飯をご馳走になったり、

 

祖父をカラオケ教室とコーナンまで送迎したり、

 

めだかを買いにコーナンに来ていたレッドスニーカーズのヨウセイにたまたま会ったり、

 

帰宅してからはベースの弦を交換して、モジュラーシンセを半日触り、

 

長崎宅用のダイニングテーブルをネットで選んで購入したり、

 

そして一日の最後に今ベースを弾いている。

f:id:KazuyaHori:20190702030733j:image

 

最近はやりたいことが多過ぎてあたふた気味。

次から次にアイデアは湧いてくるが、スケジュール的に現実的ではない。

 

何を優先するか、考えるほど自分が優柔不断なことに気付く。

 

なので今日みたいに家族や親戚に会って話すとフラットに戻れて良いもんだ。

基盤はいつもここだと教えてくれる気がする。

 

この文章を書いている間は気に入っているAYNIW TEPOの新曲のマテリアルを聴き、

あとは眠る。

 

朝からはまた別バンドのスタジオ。

 

 

ありがとう。

 

 

 

生活

美里と猫のテトが長崎にやってきた。

必要な家具なんかも少しずつ揃って来て、生活というものが始まったような気がしている。

 

連日続いていた外食も終わり、

作ってくれたメシを食べながらワインを飲んでレコードを聴く。

 

これだけで十分生きる理由だな、と上機嫌になっていたら早速ワイングラスを割ってしまった。

 

音は生活に響いていく、楽器など持たなくとも。それを久しぶりに感じている。

 

レコードに針を落とす時は音の響きに心を震わせたい時。

 

この数日久しぶりに出して聴いていたのは

Sufjan Stevensのアルバム『Seven Swans』と

Idaのアルバム『Will You Find Me』f:id:KazuyaHori:20190625042617j:image f:id:KazuyaHori:20190625042630j:image

染み込む2枚。

 

今は素敵な引っ越し祝いを山盛りくれた友人達の為に、アルバムでも一枚作らないといけないなという気分でいる。

 

 

今年梅雨はやって来るのだろうか。

 

 

新しい部屋

f:id:KazuyaHori:20190618044927j:image

長崎出島から同じ市内の魚の町というところへ引っ越した。

 

やっとレコードプレーヤーを設置したのでCARDの "新しい部屋" を早速聴いている。

 

今日は退去する部屋の掃除へ。

不動産屋には清掃業者が入るので掃除しなくても大丈夫ですよと言われたがそういうことではない。

 

引っ越しの数日前から、荷づくりで生活のペースは乱れ、音楽はまともに聴けないし作業もできない、緊張までして少し辛い日々だった。

 

できるならあまり引っ越しはしたくないものだな。

 

ただ、この新しい部屋は陽当たりも良く、ベランダも広くて気持ちが良い。

家の前にはめがね橋という観光名所があり、川沿いは公園になっていてゆったりとした雰囲気。

 

夕方川沿いの道を歩きながらここで良かったと心底思えた。

 

それから作業スペースが完成。

ベースを繋いで弾いてみたが近所への音漏れもほとんど無さそうで安心している。

 

 

映画の話。

昔一度観たタクシードライバーがまた観たくなって借りて来て観たが、やっぱり今回も不思議な気持ちになった。なんとも言えない、社会と人間の歪みを見るような映画。

 

若かりしロバート・デニーロジョディ・フォスターはとんでもなく異才を放っていた。

 

"新しい部屋"

この曲好きだなぁ。